下見をしておくことが大事

家族

東京の高円寺で賃貸物件を借りる場合には、事前に準備をしておくことが重要です。準備といっても、まず不動産業者のホームページなどを見て、どのような物件があるかを確認しておいた方がよいでしょう。人によっては、不動産会社に直接いって確認をする人もいるかもしれません。ただ、不動産会社に行ったとしても、を気にいの物件が見つからなければ徒労に終わってしまいます。もし、可能な限り時間の節約をしたければ、空いている時間などでインターネットを利用し、物件の確認をしておきましょう。そして、お気に入りの物件があったならば、物件の中を見せてもらうことが大事になります。なぜなら、ネット上の画面で見るものや、不動産会社の方で紹介してくれる間取り図や写真だけでは空間を認識することができないからです。また、実際にその建物に入って見た時に、雰囲気を味わうことができるかが大事になります。そのため、じっくりと物件を閲覧してから賃貸物件を決めましょう。

従来の物件とマンスリーマンションの違い

男性

高円寺の賃貸物件には、従来通りの物件とマンスリーマンションなどがあり得るでしょう。従来通りの物件とは、敷金や礼金が発生するもので、契約も1年契約になっていることが多くなります。そのため、途中で解約する場合には、解約料金などが発生することもあるため注意しなければなりません。最大2年契約になっており、2年後には更新料金を支払う決まりがあることが多いでしょう。ただ、物件によって更新料金を支払わずとも問題ないところもあります。一方で、ウィークリーマンションやマンスリーマンションと呼ばれるところは、敷金や礼金などがありません。そのため、初期費用がかなり安くなる可能性があるでしょう。敷金や礼金がないと、退去するときに余分にお金がかかる可能性があります。そのため、退去するときには部屋が汚れていたりするとそれなりの金額の請求があります。例えば家賃の1か月分から2カ月分ぐらいの請求金額です。また、家具などが最初から置かれていることもあり、わざわざ家具を購入したり引っ越しの時に家具などを運ぶ必要はありません。結果的に、金銭的な負担が少なくなるでしょう。このように、2つはそれぞれ違う種類の賃貸物件と考えてよいです。長期的に借りる場合には、従来からの賃貸物件がよいかもしれませんが、短期的に借りる場合にはマンスリーマンションやウィークリーマンションの方が敷金や礼金などがないためお得です。

広告募集中