HOME>トピックス>断熱性の高い不動産での気づくべきポイント

遮音性もポイントになる

一軒家

賃貸では容易に変更できない設備があり、高円寺のマンションやアパートでは、窓にも着目しましょう。複層ガラスはマンションなどに多く使われており、断熱性に優れていますが、遮音性がありません。プチリフォームでフィルム貼りするにしても、施工可能な窓ガラスが異なるため、専門業者に依頼しなければなりません。

人気の素材

男女

賃貸では、専業主婦や自宅で仕事をこなすなど、長時間の在宅向けではない設備もあります。見た目がかっこいい床の石張りやタイルは高円寺でも人気で、デザイナーズマンションにもあるようですが、夏はいいが冬が寒い、濡れると滑りやすいことに気をつけましょう。

床暖房の変更

賃貸の種類で気をつけたいのは、オール電化を導入している高円寺のマンションの場合、いくら床暖房にガス式を導入したくとも、自動的に電気式になることを頭に入れておきましょう。ランニングコストの面で見るとガス式が理想的ですし、暖まるまでが早く、床暖房だけで部屋の中を快適な暖かさに保つことができるのですが、賃貸では好き勝手ができません。

冬の暖房に注意

空気の乾燥が気になる季節、気密性が高い賃貸マンションは戸建てに比べて部屋が暖まりやすい利点があります。しかし高円寺の賃貸で人気のお部屋は、角部屋でしょう。一階も含めて、他の部屋に比べて、隣接する部屋が少ないのなら、床などは冷えがちです。上下左右に部屋があれば、床暖房だけでも暖まりますから、標準装備されているのかをチェックしましょう。ちなみに、気密性を謳う賃貸では、石油ストーブの使用禁止とされることにも気をつけましょう。

広告募集中